忍者ブログ
繁昌亭落語家入門講座に通いだして、落語にはまったったった
[ 28 ]  [ 27 ]  [ 26 ]  [ 25 ]  [ 24 ]  [ 23 ]  [ 22 ]  [ 21 ]  [ 20 ]  [ 19 ]  [ 18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 先週の土日に大阪の生國魂神社で『彦八まつり』が開催されました。

  『第19回彦八まつりのご案内
   http://www.kamigatarakugo.jp/hikohachi.html

 9月6日に行ってきました。
 午後に到着しましたので、お茶子クイーンコンテスト、富くじ抽選会、大道芸のイベントがありました。
 噺家さんも、それぞれ一門ごとにお店を出していらっしゃいました。

 目利きができるなら、着物や手拭いなどを買うのもありなんですけどね。
 そのようなお店は、品物を見せていただくだけにしました。

 いい時間になって日が翳ってきたので、「彦八まつり」はお暇しました。

 といいつつ、その足で近くの高津神社へ。
 こちらは人もまばらで、犬を散歩させている人がいるくらいで、静かなところでした。

 落語家入門講座の終わりに米輔師匠が、「ラブホテル街の真ん中」と話されていましたが、その通り。
 も一つ特徴は、お寺が多いこと。「寺町」ですね。

 こういう組み合わせって、日本全国どこでも結構ありますね。
 「生と死」
 という言葉が浮かびましたが、お寺は今は葬式仏教といわれて久しいですが、本来は「生活の一部」。
 そういう意味でも、「生活」の生々しいところが並んでいるという、これまた特徴的な町並みでした。
PR
コメント(0)
コメントを投稿
名前:
メールアドレス:
URL:
タイトル:
コメント:
パスワード:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック(0)
この記事のトラックバックURL:
忍者ブログ [PR]


Copyright(c) 天満家好知です。ようこそお越しやす。 All Rights Reserved.
Template By Kentaro