忍者ブログ
繁昌亭落語家入門講座に通いだして、落語にはまったったった
[ 23 ]  [ 22 ]  [ 21 ]  [ 20 ]  [ 19 ]  [ 18 ]  [ 17 ]  [ 16 ]  [ 15 ]  [ 14 ]  [ 13
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 「鉄砲勇助 その2」にして、記事としては最終回。
 まあ、いろいろあったんだ!

 ともかく、
 落語家入門講座でやるところは、この長~い落語の端の部分ですな。
 なんせ、鉄砲勇助が出てこないところなんですから。

 長い咄にはこんなことがちょくちょくありますので、私には突っ込まないように。

 で、そうそう、鉄砲勇助。
 最初はつまらなかったですよ。調子に乗って話す奴のセリフばかりで。
 そら、落語ですから会話になっています。
 けど一方的なんですね。
 だから面白さがわからなかったですね。


 木曽の山中で山賊に出会い、イノシシと格闘しあって、やっと面白さに目覚めました。

   「お前なあ、いい加減にしとけよ。さっきどうやって○○したと言った?」
   「聞いてまへんでしたか?○○したんでんがな。」
   「ということは、○○やはなあ。」
   「そら○○でんな。」

 と、攻守ところを変えた場面になってから気づきました。
 「自慢話、嘘話をする奴が、悪気がなくて、それ自体面白くってもダメなんだ。そいつが凹まされて、やっと面白くなる。」
 これをカタルシスといいますね。
 「算段の平兵衛」について、テレビでどなたか師匠がおっしゃっていらっしゃいました。思い出しました。
PR
コメント(0)
コメントを投稿
名前:
メールアドレス:
URL:
タイトル:
コメント:
パスワード:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック(0)
この記事のトラックバックURL:
忍者ブログ [PR]


Copyright(c) 天満家好知です。ようこそお越しやす。 All Rights Reserved.
Template By Kentaro