忍者ブログ
繁昌亭落語家入門講座に通いだして、落語にはまったったった
[ 56 ]  [ 55 ]  [ 54 ]  [ 53 ]  [ 52 ]  [ 51 ]  [ 50 ]  [ 49 ]  [ 48 ]  [ 47 ]  [ 46
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 えー本日は、秘密にしておりましたが、まいど滋賀県草津で開催しています異業種交流会で、落語の高座を務めさせていただきました。
 それも、草津駅頭の広場でです。
 写真はね、誰かがTwitterで投稿するとおっしゃっていましたが。写真をもらったら、またアップします。
通りすがりの女性のうちのお一人から、写真を送っていただきました。
ありがとうございました。
うしろの鳩のマークが素敵でしょ!

 5月20日の夜7時から。・・・・・街頭使用許可をもらった人がいつまで経っても現れないので、30分ほど開始が遅れましたが。
 雨が降るかと思っていましたが、午後には雨が上がり、とても心地よい気候の中、落語を1時間ほど語らせていただきました。

 広場といっても、こちらが立ってする訳にもいかず、またお客様に立っていただく訳にもいきませんから、いろいろ考えました。
 まず、お客様には、植え込みの周囲の石の上に座っていただこう。
 で、自分は、アウトドア用の折りたたみ椅子の上に座布団を敷いて、簡易高座としました。

 ですからね、本当に辻落語でした。
 帰宅途中のサラリーマンやOLの方々が通り過ぎる中、演じさせていただきました。

 今回の題目は、「鉄砲勇助」と「皿屋敷」。
 間に水を飲ませていただくお時間をいただいて、しばしの休憩の後、続けて行いました。

 その異業種交流会の中には話すことが大好きな方もいらっしゃいますので、間繋ぎで漫談をしていただこうかと思ったのですが、残念ながら断られまして、天満家好知の独演会となりました。

 ただね、困ったことに、その異業種の方々は、普段とのギャップで笑っていただいていたようで、笑うタイミングじゃないところで笑いが出ていました。
 心の中で、

   「ここはアメリカか?」

 と思いつつも、それに関わっていてはほかのお客様に申し訳ないので、先に進めました。
 あとで聞くと、「普段とのギャップが面白くって。」だそうで。失礼な。

 何より嬉しかったのが、

    ・この場所の占有許可を取るために走り回ってくださったメンバーの方
    ・通りすがりで、腰を降ろして聴いていただいた女性4名。(←見ず知らずの方)
    ・5分ほど立ち止まっていただいたサラリーマンの方。

 本当にありがたかったです。

 ただ、困ったことが一つ。

    「本業大変なんでしょう?
     じゃあ、住み込んで、どこかの師匠に弟子入りしたら?」

 おい、おい!!

 数カ月おきに開催予定です。
 またのご贔屓を。


 辻落語って、楽しいですね。
 次は、今回忘れた小拍子の代わりの蒲鉾板を鳴らしてやるねん。


※ということは、同じメンバーだったら、新しいネタを覚えていかないといけない。
 ひぇー、ホントかよ。
 えー、同じネタでやらせてください。聞く人が変わればまた新鮮になります。(誰宛に書いてるんだ?)
PR
コメント(0)
コメントを投稿
名前:
メールアドレス:
URL:
タイトル:
コメント:
パスワード:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック(0)
この記事のトラックバックURL:
忍者ブログ [PR]


Copyright(c) 天満家好知です。ようこそお越しやす。 All Rights Reserved.
Template By Kentaro