忍者ブログ
繁昌亭落語家入門講座に通いだして、落語にはまったったった
[ 7 ]  [ 6 ]  [ 5 ]  [ 4 ]  [ 3 ]  [ 2 ] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 鉄砲勇助の最初のお稽古が終わりました。
 リズムというか、調子というか、勢いというか、いい加減さというか、・・・・・・
 が、まだまだ捉まえ切れていませんでしたね。

 先に進めば進むほど、最初の始まりは軽く、それでも印象付けることが必要だなあ、と思えてきました。

 「どこまでもいい加減さ」と「きちんとストーリーを話す」喜ぃやんの魅力を伝えたいなあ。

 鉄砲勇助って、CDやDVDとして販売されている数が少ないですね。
 上方落語では桂枝雀師匠くらい。
 それでも、最後("勇助"が出てくるまで)話されていないので、さて、どこで完全版があるのやら。
 桂米朝師匠の速記録か、書籍版の落語全集に載っているのでしょうか。
PR
コメント(0)
コメントを投稿
名前:
メールアドレス:
URL:
タイトル:
コメント:
パスワード:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック(0)
この記事のトラックバックURL:
忍者ブログ [PR]


Copyright(c) 天満家好知です。ようこそお越しやす。 All Rights Reserved.
Template By Kentaro