忍者ブログ
繁昌亭落語家入門講座に通いだして、落語にはまったったった
[ 10 ]  [ 9 ]  [ 8 ]  [ 7 ]  [ 6 ]  [ 5 ]  [ 4 ]  [ 3 ]  [ 2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 初級編のお稽古のときに、桂米左師匠から

   「もっと力を抜いて。落語ってばかばかしい話なんだし。」

 と言っていただきました。
 今から思うと、本当に力が入っていましたね。
 「セリフが流れるように」・・・・ではなく、「文節を区切って力強く」しゃべっていました。
 おそらく、聞いている側は、小学校1年生の国語の教科書を読んでいるようだったでしょう。
 そのときの録音をしておかなかったのが残念です。

 最近、初級のテキストを見直して稽古してみると、全体の濃淡が見えてきます。

   「これも成長?」

 と嬉しくなっているこのごろです。

 米左師匠の言葉は、それはそのままなのでしょうが、「されど落語」でもあります。
 お客さんに笑っていただくには、もっともっと研究とそれが実演できること。
 落語に出てくる周辺のことをもっと勉強する必要がありますね。


【独り言】
 いまだに「縦に話す」ことがわからない。
 まだ、できていないだろうなあ。
 一人の演者が複数の人を演じ分けるので、
 「一人の発言が同じ人だとわかるように、強弱をつけてひとかたまりにする」
 ことかな、と思っている今日この頃。
PR
コメント(0)
コメントを投稿
名前:
メールアドレス:
URL:
タイトル:
コメント:
パスワード:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック(0)
この記事のトラックバックURL:
忍者ブログ [PR]


Copyright(c) 天満家好知です。ようこそお越しやす。 All Rights Reserved.
Template By Kentaro